「Experiments in New York」(ニューヨークにおける実験)


□ New York Scenes, 1967, 10min. color & b/w
□ New York Hot Springs, 1984, 11min. b/w
□ Talking in New York, 1981, 8min. b/w








「飯村隆彦は越境する映像作家である。多様なメディアを横断し、さまざまな芸術家との交流のなかで制作する。ドキュメントとフィクションの境界を越えていくその姿勢は、わたしたちに新たな視覚体験をもたらすだろう。」
西村智弘(美術/映画評論家)最初の"New York Scenes" (1967)はニューヨークの友人やアートシーンからのスケッチとポートレートで、有名なジャック・スミスとその映画「燃え上がる生物」を含んでいます。2番目の"New York Hot Springs"(1984)は、ニューヨークの冬の風物詩、マンホールから立ち上がるスチームを題材に、10カ所で撮影したシーンを5秒ずつずらして回転しながら、毎瞬間異なるスチームの形態を捉えた構造映画のひとつ。3番目の"Talking in New York," (1981)は、作家がカメラマンと役者を演じる1人称映画。ジャック・デリダの言葉、「私は話しながら同時に、私自身を聞く」を語り/聞きながらニューヨークの観光スポットを歩く。(T.I)




New York Scenes

New York Hot Springs

Talking in New York



1967-1984年、3Films/Videos、b&w/c、29分
NTSC/Region ALL
ISBN-13: 978-4-901181-29-7
ISBN-10: 4-901181-29-7
¥5,000.-(個人価格)
¥20,000.-(ライブラリー価格)